CRISC®: Certified in Risk and Information Systems Control

 CRISC(Certified in Risk and Information Systems Control) は、シーリスク” と発音し、企業・組織におけるリスクを認識・評価して適切な情報システムコントロールによりリスクの低減を行う専門家を対象としたISACA® が認定する国際的資格です。

 いわゆる「国家資格」ではありませんが、企業・組織におけるリスクを認識・評価して適切な情報システムコントロールを設計・導入・維持できる能力を持つプロフェッショナルとして、ビジネス目標達成に貢献できることが期待されます。

合格者の声

ISACA名古屋支部会員
 様
()
20xx年度CRISC認定

CRISCになったきっかけは?
 

CRISC試験はいかがでしたか?
 

受験準備に要した期間は?
 

CRISCになって何か変わりましたか?
 

これから受験される方にアドバイスを!
 

 

CRISC® 資格認定の要件

CRISC® 試験 受験案内

[受験資格]

年齢、学歴は問われません。どなたでも受験可能です。

ただし、合格後5年以内に認定要件が満たされないと合格が無効になってしまいますので、特に受験時点で実務経験が不足している方はご注意ください。

[試験日]

CRISC® 試験は、年2回、原則として6月と12月の第2土曜日に実施されます。

[試験会場]

90を超える国々の200以上の会場で受験可能です。日本国内では、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄の各会場で実施される予定です。

[受験言語]

現時点では、英語だけです。

[試験形式]

200問のマークシート方式で、試験時間は4時間だと思われます(詳細未確認)。

[試験結果]

試験日から約8週間後に、正式な試験結果が受験者に郵送されます。また、希望者にはメールでも通知されます。

 

CRISC® 試験の詳細は「2011 CRISC Bulletin of Information (BOI)」をご覧ください。

CRISC® 試験 教材

 

 
 
 

 

CRISC® 試験 合格支援講座

 CRISC® 試験については、現時点で開講の予定はございません。

 

 ISACA® 名古屋支部が主催する講座(イベント)については、当サイトの「ISACA® 名古屋支部ニュース」や「イベント/月例会&セミナー」メニューでご覧いただけます。

(*) ISACA® 名古屋支部が主催する「レビューコース」や「スタートアップコース」は、その参加者に対して、試験の合格を保証するものではありません。また、最低催行人数に達しない場合は中止となることがあります。

ISACA® 認定資格関連の情報について

ISACA® 認定資格に関する各試験の実施、運営、また、認定審査や管理等は、すべて ISACA® 国際本部が行っており、当 ISACA® 名古屋支部は一切関与していません。

当サイトに掲載されている情報は、常に正確、最新のものであるように努めてはいますが、各試験を受験される方、各認定資格の取得を検討されている方等は、必ず、受験票や ISACA® 国際本部の Webサイト でも確認してください。