CISA®試験とCISM®試験の受験時の注意事項

2011年12月25日 19:33:36 -- keijiy
質問: 

CISA®試験とCISM®試験、受験時の身分証明書、その他の注意事項は?

回答: 

CISA®試験とCISM®試験について

2008年12月13日の試験前の注意事項:(ISACA® Express Line, 2008年10月号, Volume 10より)(2014/6試験もほぼ同様です)

「認定の最新情報」
 これまで、CISA®:61,908人、CISM®:9,724人、CGEIT®:664名の証明が授与されています。
 2008年12月13日の試験への登録は締切りました。

「試験の入場券(Admission Ticket)」
 試験日の約4週間から6週間前に受験者は、E-mailによる電子入場券と、郵便による紙の入場券を送付されます。(最近の2014年の受験者ガイドP.8では次のとおり変更:受験票は試験日の約2~3週間前に、ISACAからEメール受験票(e-ticket)が受験者に送信されます。受験者はwww.isaca.orgの[MyISACA]ウェブページで受験票のコピーをダウンロードすることもできます。)

  受験者の入場券 および試験結果の適時の受領を保証するため、連絡に関する情報(住所、氏名、E-mailアドレス等)の変更は、直ちに認定部門へ報告してください。
 2008年12月1日までに入場券を受け取っていない受験者は、認定部門 (=certification departmentへのe-mail: exam@isaca.org)へすぐ連絡してください。即時対応のため、件名に”admission ticket”と、表示してください。

「受験者の身元確認方針」
 CISA/CISM試験受験者は、有効な入場券(E-mailを印刷したもの又は書面のAdmission Ticket)と、受入れ可能な身分証明書(ID)を持参した者のみ、試験場に入場を許されます。
 IDは、政府発行の現在有効な身分証明書(ID)の原本で、入場券に表示された受験者氏名と、受験者の写真を含んでいるものです。これらは1通のIDに表示されなければなりません。又、このIDの情報(氏名)は手書きではいけません。
 受入れ可能な形式のIDを提示しない受験者は、受験できません、 および、受験料は没収されます。
 受験IDに関するどのような質問でも、認定部門に問合せください。
        E-mail: exam@isaca.org

 (2007年の Express Line では、IDの例として、パスポート、運転免許証(日本の運転免許証の氏名は和文だが、OKです)、軍隊のID、州のID、Greencard(米永住許可証)、国のID(写真付住民基本台帳カード)、を含む。ただしこれらに限定されません、 と解説されていました。)

「試験の変更や延期」
 試験場所や試験言語の変更は、10月11日までは無料です。10月12日から17日までに受領された変更は、US$50の手数料が必要です。10月18日以後は変更できません。
 受験できない方は、その受験料を次の試験へ繰越しすることを要求できます。2008年10月17日までに受付けた繰越要求は、US$50の手数料が請求されます。10月18日から11月26日までに受付けた繰越要求は、US$100の手数料が請求されます。繰越要求は2008年11月27日以後はできません。
以上

 

カテゴリ: 
メンバシップ
CISA
CISM
CGEIT
CRISC
その他