2013年1月1日のCPE方針の変更点は?

2013年02月16日 23:55:09 -- keijiy
質問: 

2013年1月1日のCPE方針の変更点は?

回答: 

ISACA名古屋支部会員各位

CPE方針が一部変更されました。2013年1月1日より有効。
 
1.再審議と不服の申し立て:
CISA等の資格がCPE不足等で取消され、2013年1月1日以後回復された方は、$50の回復手数料が追加されることがあります。(従来は無料)
 
2.CPE時間の計算:
CPE時間は4分の1時間単位で報告できる。(一番近い4分の1時間に丸める)。
390分÷50分=7.8→7.75 CPEと報告できる。(従来は1CPE未満は切捨て)
 
3.試験問題のレビュー(時間制限なし):
公式問題のレビューを行ったときは、実際の時間の証拠が提供される。(従来証拠は?)
 
4.職業に対する貢献(年20時間の制限):
(例:研究開発、認定レビューマニュアルの開発、ナレッジセンターコントリビュータ、ピアレビューの実施)貢献した実際の時間数を獲得。(従来は貢献?)
 
(@ISACA RELEVANT, TIMELY NEWS, February 13, 2013)
詳細は2014.1のCPE方針をご参照ください。
CISA: http://www.isaca.org/Certification/CISA-Certified-Information-Systems-Au...
CISM: http://www.isaca.org/Certification/CISM-Certified-Information-Security-M...
CGEIT: http://www.isaca.org/Certification/CGEIT-Certified-in-the-Governance-of-...
CRISC: http://www.isaca.org/Certification/CRISC-Certified-in-Risk-and-Informati...

カテゴリ: 
メンバシップ
CISA
CISM
CGEIT
CRISC