2015年04月度 ISACA名古屋支部月例会

2015年03月24日 02:35:06 -- keijiy

◆◆ISACA名古屋支部、4月度例会は、4月25日(土)に開催します◆◆ 今回はシステム監査学会様と合同開催になります。会場は有限責任監査法人トーマツ名古屋事務所8階会議室です。非会員の方の参加も歓迎します。【ご講演】:「政府におけるITガバナンスとマネジメントに関する新たな取り組み」。【講師】:梶本政利様

開催日時: 
2015-04-25 16:00

16:00 - 16:10 連絡事項等
16:10 - 18:00 講演
18:00 - 20:00 (懇親会 - 希望者のみ/参加費別途)

(当日 14:30 より、名古屋支部理事会を開催します。)

会場: 

有限責任監査法人トーマツ名古屋事務所8階会議室

会場アクセス: 

名古屋市中村区名駅3-13-5
JR名古屋駅前、名古屋ダイヤビルディンング3号館

http://www2.deloitte.com/jp/ja/footerlinks/office-locator/chubu/nagoya-d...

参加費: 

ISACA会員: 1,000円
    非会員: 2,000円

   懇親会費: 3,000円(参加者のみ)

(当日、会場受付でお支払いください。)

講演テーマ: 
「政府におけるITガバナンスとマネジメントに関する新たな取り組み」 〜 「政府情報システムの整備及び管理に関する標準ガイドライン」(標準ガイドライン)の決定・施行と「政府情報システムの整備及び管理に関する標準ガイドライン実務手引書」(実務手引書)の完成を受けて〜
講演要旨: 

 昨年の12月3日に「標準ガイドライン」が各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議において決定され、4月1日からの施行となりました。3月19日には、標準ガイドラインを解説するための「実務手引書」が完成し、各府省に通知されるとともに、一般にも公開されました。
 政府組織における意思決定構造や情報システムに関する管理の仕組みは民間企業とかなり異なりますが、これまではどうであったのか、そしてこれからどうなるのかについて、解説いたします。
 ISACAで主張するITガバナンスもしくはGEITは重要な考え方であると信じています。しかし多くの場合には組織形態の違い等によって、そのままの導入が非常に困難なものとなっています。政府におけるITガバナンス及びマネジメントにおいて、どのような検討がされたのかを解説することで、いろいろな組織形態でITガバナンスを検討される際の参考になればと考えています。
 実は、この標準ガイドラインの検討は2012年の8月に開始され、2年半以上をかけて今日に至りました。検討開始当初から参加して来たメンンバーの一人として、その裏話も織り交ぜつつ解説いたします。
 なお、関連資料として、下記URLから公開されている資料をご参照ください。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/infosystem-guide.html

講演者: 
梶本政利様
講演者略歴: 

【資格】公認情報システム監査人(CISA: Certified Information Systems Auditor)
     CRISC: Certified in Risk and Information Systems Control
【職業】経営コンサルタント、
     総務省行政管理局 技術顧問 (非常勤職員)

参加申込方法: 

以下の何れかの方法でお申し込みください。
申込締切日:2015年4月22日(水)

1.電子メールによるお申し込み
  事務局 吉田敬治宛(office@isaca-nagoya.org)に下記のフォーマットでお申し込みください。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  2015年4月25日(土)ISACA名古屋支部例会
  講演会: 出席 又は 欠席
  懇親会: 出席 又は 欠席
  ご氏名:
  システム監査学会:会員 又は 非会員
  ISACA       :会員 又は 非会員
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.このページの「参加申込」フォームによるお申し込み(ユーザ登録が必要です。)
  下記に表示されている「参加申込」フォームの「参加申込」ボタンをクリックしてください。

主催者: 
ISACA名古屋支部
システム監査学会
CPE(最大): 
2.50単位