2017年02月度 ISACA名古屋支部月例会

2017年01月26日 00:48:57 -- keijiy

◆◆ISACA名古屋支部、2月度月例会は、2月18日(土)に開催します◆◆ 今回の会場は「ウインク愛知1209号室」定員48名。時間は14:45~16:45です。非会員の方の参加も歓迎します。[演題]:新しい課題への監査にフレームワークの活用を! [講師]:吉武 一 様

開催日時: 
2017-02-18 14:45

14:45 - 14:50 連絡事項等
14:50 - 16:45 講演
17:00 - 19:00 (懇親会 - 希望者のみ/参加費別途)

(当日 13:15 より、ISACA名古屋支部理事会を開催します。)

会場: 

「ウインクあいち」愛知県産業労働センター12F、1209号室

会場アクセス: 

名古屋市中村区名駅4丁目4-38、名古屋駅から徒歩5分
http://www.winc-aichi.jp/access

 

参加費: 

ISACA会員: 1,000円
    非会員: 2,000円

   懇親会費: 3,000円(参加者のみ)

(当日、会場受付でお支払いください。)

講演テーマ: 
「新しい課題への監査にフレームワークの活用を!」 -ソーシャルメディア、ビッグデータ等の監査における フレームワークの活用ー
講演要旨: 

ITの目覚ましい進化と組織体におけるIT活用の普遍的活用とその深化に伴い、IT監査人は様々なITに係る新しい課題(Emerging Issue)に係る監査を実施していくことになることが予想できる。そのような未知との遭遇(新しい課題に係る監査)において、IT監査人はどのように監査していけばよいのであろうか?その回答の意一つが、先達の知恵であるフレームワークの活用であると考えている。そのような観点に立って、本講演ではソーシャルメディアの監査とビッグデータの監査においてのフレームワークの活用について探求してみる。 具体的には、ソーシャルメディアの監査においてはCOSO ERMのフレームワークを、ビッグデータの監査においてはFEA(連邦エンタープライズ・アーキテクチャ)の統合参照モデルの活用を試みているものである。この講演が、様々なテーマにおける効果的・効率的な監査の実施のためにフレームワークの活用が行われるための刺激となることを期待するものである。

 

講演者: 
吉武 一 様
講演者略歴: 

[肩書]:

太陽誘電株式会社 常勤監査役
一般社団法人日本内部監査協会 理事、
IIA International Internal Audit Standards Board Member
明治大学専門職大学院 兼任講師 (「内部監査制度」、「システム監査」講座担当)
放送大学分担協力講師 (「組織運営と内部監査」講座 情報システム監査担当)
CIA(公認内部監査人)、CFSA(公認金融監査人)、CCSA(内部統制評価指導士)、
CRMA(公認リスク管理監査人)、CISA(公認情報システム監査人)、
CGEIT(公認ITガバナンス専門家)、CFE(公認不正検査士)、
IIA(内部監査人協会)Accredited Internal Quality Assessor/Validator

[略歴]:
1979年4月 協和銀行(現 りそな銀行)入行、 国内支店長、海外支店勤務、秘書室(取締役会事務局等)、企画部門等を経て 業務監査部の立ち上げに参画。
2002年2月 あさひ銀行退職
2002年4月 日本ユニシス入社 内部統制、内部監査、個人情報保護、
情報セキュリティ、J-SOX等のコンサル等実施
2008年4月 りそな銀行入社 内部監査部アドバイザー
2009年6月 りそなホールディングス 執行役 内部監査部長、近畿大阪銀行 社外取締役
2011年6月 埼玉りそな銀行 常勤監査役
2016年6月 太陽誘電 常勤監査役就任 現在に至る

参加申込方法: 

以下の何れかの方法でお申し込みください。
申込締切日:2017年2月15日(水)

1.電子メールによるお申し込み
  事務局 吉田敬治宛(office@isaca-nagoya.org)に下記のフォーマットでお申し込みください。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  2017年02月18日(土)ISACA名古屋支部例会
  講演会: 出席 又は 欠席
  懇親会: 出席 又は 欠席
  ご氏名:
  ISACA:会員 又は 非会員
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.このページの「参加申込」フォームによるお申し込み(ユーザ登録が必要です。)
  下記に表示されている「参加申込」フォームの「参加申込」ボタンをクリックしてください。

主催者: 
ISACA名古屋支部
CPE(最大): 
2.50単位