CISA®認定申請書

2011年08月23日 09:09:51 -- keijiy
質問: 

CISA®認定申請書の書き方は?

回答: 

CISA®認定申請書の書き方

1.CISA認定申請書の様式は、国際本部のホームページからダウンロードしてください:

1)手記入する様式(PDF):
ISACA®国際本部からダウンロードhttp://www.isaca.org/Certification/CISA-Certified-Information-Systems-Au...

2)Printable application (IE・ブラウザー上で記入後印刷できる用紙):

実際に記入する場合は、「Printable application」にPC(IE・ブラウザー上)で記入できます。PCで記入したものを、印刷して郵送して下さい。http://www.isaca.org/Certification/CISA-Certified-Information-Systems-Au...

PC で記入したら、最終ページの 「Print CISA Application」 をクリックすると申請書が印刷されます。申請書に自身の署名、日付を記入し、職歴証明書に証明者の署名、日付を貰い、2年の代替経験を申請する場合は大学 の英文卒業証明書を同封して郵送して下さい。

2.CISA合格者説明会はISACA東京支部の説明会資料をご覧ください:
http://www.isaca.gr.jp/cisa/200906gokakusiryo/CISA_ninteishinsei.pdf

ISACA名古屋支部では、個別にご説明いたしますので、申請書にご自分なりに記入したものを、月例会のときにご持参ください。(非会員の方も、このホームページで月例会開催日を調べてお越し下さい)  

3.業務経験について
申請前10年以内に5年以上の業務経験が必要です。

1)業務経験の内容
(1)情報システム監査
(2)ITガバナンス
(3)システム/インフラのライフサイクルの管理
(4)ITサービスの提供と支援
(5)情報資産の保護
(6)業務継続と災害復旧  

業務経験の申告は、CISA認定申請書の4ページの、Description of CISA Job Practice Areasのところに、詳細なTaskの記述がありますので、担当した項目にチェック印をつけて申告することになります。情報システム部、内部監査部門、外部監査人(公認会計士)、であれば担当した項目があると思います。(いくつかの項目で3年+代替経験2年でよい)

2)代替経験
4年制大学の学位取得で、2年間の業務経験の代替経験とすることが出来ますので、これを申請される方が多いです。(大学の英文卒業証明書を同封して郵送する。)

以上  

カテゴリ: 
CISA